hair color

【アディクシーカラー】艶々外国人風になれる人気ヘアカラーの特徴って?

突然ですが、ここ数年のヘアカラー界。大きく変わってきています。

お客様がカラー剤のブランド名まで知っていることが多い!

新規のお客様のご予約のお問い合わせの際に

「○○○カラーって取り扱いしていますか?」

など、カラー剤の固有名詞(ブランド名)まで知っているケースがあるのです。

もし問い合わせのあったカラー剤が無い場合はそのまま予約に繋がらないケースもあるぐらいに。。

このような事は以前では考えられない事でした。

それぐらい一般のお客様が、カラー剤の特徴などをSNSの発達などで知る機会が増えたという事だと個人的には考えております。

(ex.インスタなどでの「今日は○○○カラーで染めてもらいました!#○○○カラー」という有名人の投稿を見て「私もこのカラーしたいー!」と連鎖していく)

というわけで、今回の記事では、そんなカラー剤にご興味のある方に向けて、当店でも人気の「アディクシーカラー」の特徴について解説していきます。

アディクシーカラーとは?

アディクシーカラーとは、株式会社ミルボンから発売されているカラー剤のブランドのうちの一つになります。

このアディクシーカラーの一番の特徴としては、ブランドコンセプトからもお分かりいただけるように「徹底的にブラウン(髪の毛の赤み)をかき消す事」に拘っているカラー剤である事です。

アディクシーカラーの公式パンフレット

日本人の髪の毛は、黒の色素がどうしても強く残るので、通常のカラー剤であれば色が抜けてきたときにどうしても赤っぽかったりオレンジっぽい茶色のような、嫌な色の抜け方になってしまいがちです。

ここ数年は特に外国人風な赤みのないヘアカラーがブームになっているので、カラー剤を発売している各社とも「髪の毛の赤み」が出にくいカラー剤を発売しているのですが、アディクシーカラーはその中でもダントツで赤みが出にくいカラー剤だと美容師の視点から見ても感じます。

仕上がりの色味ももちろん綺麗なのですが、色が抜けてきたときにもあまり赤みを感じる事が無いのです。

特に暗めの発色が素晴らしい!

アディクシーカラーは、明るめのカラーももちろん艶々な赤みのない発色をしてくれるのですが、特に個人的にオススメしたいのが暗めの色の発色の綺麗さです。

そもそも、髪の毛は明るくなればなるほど黄色っぽく色が抜けていきます。

明るめのヘアカラーを繰り返されているお客様に多い、色が抜けきった髪の毛であればどんなカラー剤でもある程度綺麗な色味が出せるように調節可能なのですが(その中でもアディクシーは綺麗です)

髪の毛は暗めの髪の毛に対するヘアカラーの場合ですと、先述した日本人特有の髪の毛の赤みを除去する事がなかなか出来ません。

ところが流石「ブラウンまでもかき消す」アディクシーカラーです。実際に暗めの髪の毛に染めた例をご紹介します。

アディクシーカラー「グレーパール」使用
アディクシーカラー「グレーパール」使用
アディクシーカラー「パープルガーネット」使用

見事に日本人の髪の毛特有の「髪の赤み」が消えているのが分かりますね。

どんな色があるの?

ちょっと見づらいですが公式のカラーチャートを載せておきます。

※出典:ミルボンアディクシーカラー公式サイト

このようにアディクシーカラーの色味は主にこちらの8種類になります。

  • グレーパール(ほんのり青味のあるモノトーン)
  • コバルトブルー(クリアなネイビーアッシュ)
  • サファイア(クリアなブルーアッシュ)
  • エメラルド(やわらかさのあるカーキ)
  • アメジスト(青味のあるバイオレットアッシュ)
  • パープルガーネット(青味のあるクリアなパープル)
  • シルバー(ほんのり紫味のあるモノトーン)
  • スモーキートパーズ(ほんのり紫味のあるベージュ)

どちらかといえば寒色系のお洒落な名前の色味ばかりですね。これだけの色味があればある程度の寒色系ヘアカラーは作る事が出来ます。

染料構成図を見るとサファイアというカラーに関しては下記のパンフレットからも分かるように、青のみで構成されています。

アディクシーカラー公式パンフレット

今までなかなかアッシュ系の色味になりづらかったという方などは今までにない青みのあるヘアカラーをご体験いただけます。

メリット・デメリットは?

アディクシーカラーは、普通のカラー剤では削れない赤みまで削って、かつ濃く色味を入れるので色持ちが非常に良いと思います。

何よりも髪の毛の赤みが出にくいカラー剤なので

  • 外国人風のヘアカラーが好きな方
  • とにかく髪の毛の赤みが嫌いな方
  • ヘアカラーの持ちをよくしたい方
  • 暗めでも艶やかなしっかり色味を感じることの出来るヘアカラーにしたい方

このような方には特にオススメなカラー剤です。

デメリットとしては、普通のカラー剤では削れない赤みまで削ってヘアカラーをしているので美容師視点ではダメージを他のカラー剤より若干感じます。(すなわち一般の方でもアディクシーカラーに変更した場合はいつもより髪の毛が傷んだかな?と感じる場合も)

また、施術中の匂いも他のカラー剤より強い印象が。そして、他のカラー剤と比較すると頭皮に染みやすい方のカラー剤かもしれません。(実際にいつもより刺激があると言われるケースも有り)

さらに、そもそもが赤みを出にくくするカラー剤なので、赤系やオレンジ系のカラーにされたい方にはオススメはしておりません。(一応クリエイティブラインに「レッド」があるので希望の明るさ・色味次第では可能ですが…)

以上のことを踏まえて、気になる方は是非ともご体験いただければと思います。

※ソフィーズデザインでは通常カラー+¥1100でアディクシーカラーを行なっていますが、1月限定で通常のヘアカラーと同じ価格でさせていただいてます!

また、アディクシーカラーを発売している株式会社ミルボンは、こちらも大人気の洗い流さないトリートメント「エルジューダ 」も発売している会社です。

ミルボンエルジューダシリーズ全10種類の違いと選び方

また、ソフィーズデザインで取り扱いをしているその他のカラー剤(エヌドット・イノア・スロウ)との比較記事も書いています。

取扱いカラー剤のブランド別の違い(エヌドット・スロウ・アディクシー・イノア)

よろしければこちらの記事も併せてご覧ください。

Shinya Ueno

都内数店舗を経てSofi's design立ち上げ時より参加。 弓道初段。webデザインも手掛ける。 甘めよりは辛めでカッコいいスタイルが好きです。ヘアセットが特に好きです。 好きなもの(沖縄・サーフィン・ランニング・カメラ・トレラン・お酒・野球・プロレス・カラオケ・椎名林檎・BiSH・Janne Da Arc・美味しいもの・たけし映画・戦争映画・PCいじり)