hair color

【2020】夏の終わりから秋にかけてのヘアカラーについて考察

こんにちは。

ここ数年の我が国日本の季節は、夏がとても長く短い秋に入るイメージですよね。。

今日も8月終わりだというのに最高気温は35度程との予報。

このような気候では季節を意識してヘアカラーをしている方も難しく感じてしまうかもしれません・・・

そこで今回は、いろいろな考えの方に向けてこの季節どのようなヘアカラーにするのがオススメかについて考察してみました。

是非ご一読を。。

季節とか関係ない!私はピンクが大好きだ!派

一定数いらっしゃるこのようなタイプの方。

実はこの季節にこそとても良かったりするのです。

夏の終わり頃になると紫外線によるダメージがとても蓄積されてしまい、髪の毛をやや明るくされていた方であれば、ヘアカラーが退色しきってしまい異常に明るい黄色っぽい茶髪になってしまう方もチラホラ。。

これぐらい抜けたイメージ

ここまで抜けていると、逆に言えば綺麗な色味が手に入るチャンス!

こちらのお客様は黄色っぽさとは程遠いピンク系のヘアカラーへイメージチェンジ。

ダメージを最小限に抑えるためにイノアカラーを使用しています。

※イノアカラーについてはこちらの記事にて詳しく解説しています→→→遂に日本上陸!ロレアルiNOA(イノア)オイルカラーについて解説

するとこんな感じに完成。

ベースの色が明るく抜けていた分とても綺麗に色が入ります。

夏にたっぷりとダメージを受け、明るくなり過ぎてしまった自覚のあるピンク系カラー好きな方にはとてもオススメです。

2020秋冬シーズンイチオシ「ブルネット」系ヘアカラー

続いては、今シーズンイチオシな外国人地毛風なヘアカラーとしてお馴染みの「ブルネット」系ヘアカラーです。

元々「ブルネット」の語源はフランス語で黒髪〜栗色の髪の毛を意味する言葉として使われてきました。

ここ数年日本でも流行し始めて、今日ではさらに派生し、「ブルネットアッシュ」・「ブルネットグレージュ」・「ブルネットベージュ」etc…と様々な色味をあわせたヘアカラーとして人気の兆しを見せています。

その中でも今シーズンは個人的にアッシュ系の「ブルネットアッシュ」がオススメです。

特徴としてはハッキリとコレって言えるような色ではないのが特徴とも言えるのでしょうが、あえて言葉にするのであれば「暗いけど暗くない?!」的な透明感のある色味が特徴と言えるかもしれません。

この辺りをベースにお好みでグレー寄りやカーキ寄りなどなど色味を強めることも可能なので気になる方は是非ともご相談くださいませ。

ラベンダーアッシュ・ラベンダーグレー

この辺りの色も夏に引き続きとても人気になる予感です。

特徴としては、ほんのりと紫系の要素を感じる「アッシュ」・「グレー」系のヘアカラーです。

秋冬に向けてなら少しトーンを落としておくとファッションとも合いやすいのでオススメかと思います。

カーキ・マット系アッシュ

この辺りのヘアカラーも夏に引き続き人気です。

特徴としては、どんなヘアカラーよりも、日本人が元々強く持っていて出やすい方の多い髪の毛の赤みを抑えることが出来ます。

普段から赤っぽく髪の毛が退色してしまうような方にはとてもオススメなヘアカラーとなります。

まとめ

もちろん今回紹介したヘアカラーだけではなく、カラーの組み合わせはその時のお客様の気分・好みの雰囲気や、ファッションなどと照らし合わせて考えさせていただくので無限とも言えます。

是非ともご来店の際はお気軽にご相談下さい。

Sofi’s design 上野

Shinya Ueno

都内数店舗を経てSofi's design立ち上げ時より参加。 弓道初段。webデザインも手掛ける。 甘めよりは辛めでカッコいいスタイルが好きです。ヘアセットが特に好きです。 好きなもの(沖縄・サーフィン・ランニング・カメラ・トレラン・お酒・野球・プロレス・カラオケ・椎名林檎・BiSH・Janne Da Arc・美味しいもの・たけし映画・戦争映画・PCいじり)